お茶村の神仙桑抹茶ゴールドで美容と健康を維持しよう!

神仙桑抹茶ゴールドの成分の効果について考えましょう

ここでは、神仙桑抹茶ゴールドの効果というよりは、原材料である桑の葉や緑茶、シモンの持つ成分や栄養素の一つ一つがどのような効果があるのかを細かく考えて行きましょう。

 

 

<桑の葉や緑茶、シモンの持つ成分や栄養素の効果について>

 

■桑の葉
桑の葉にはビタミン(A・B群・E)や食物繊維、桑葉の特有成分として知られているDNJ(1−デオキシノジリマイシン)などが含まれています。

 

食物繊維については、腸の働きを刺激して便秘の解消やデトックスの効果があることが一般的に良く知られていますね。

 

また、桑葉の特有成分であるDNJは血糖値の上昇を抑制するので糖尿病を予防する効果があると考えられています。

 

 

 

 

■緑茶
緑茶の中でよく知られている成分がカテキンでしょう。

 

カテキンというのはポリフェノールの一種ですが、優れた抗酸化力があります。細胞や遺伝子の損傷を防ぐアンチエイジングにも有効だと考えられています。

 

また、巷で販売されているカテキンを多く含んだ特保マークのお茶は、脂肪燃焼効果がありダイエットにも有効であることがテレビのCMでも放送されていますよね。

 

カテキンは脂肪燃焼効果がありダイエットにも効果があることが一般的に良く知られています。他にもカテキンには抗ガン作用と抗微生物作用があると考えられています。

 

 

■シモンの葉・茎
シモンの葉・茎の中には、ミネラル(カルシウムやカリウム、鉄分)やビタミン(B2・C1・D1・E・K)、それに食物繊維が他の野菜などに比べると非常に多く含まれています。

 

カルシウムとビタミンD・Kなどは骨組織を丈夫にする効果が知られていますし、鉄分は造血作用に関連があります。これらは健康の維持・増進に役立つと考えられますね。

 

それと、豊富に含まれている食物繊維は、桑の葉と同様に便秘の解消、デトックスなどの効果が考えられます。ビタミンEについては抗酸化作用がありますね。

 


 

■いろいろアレンジしよう!

 

 

 

神仙桑抹茶ゴールドの原材料である桑の葉や緑茶、シモンには健康維持に十分に働いてくれる成分や栄養素が多く含まれているので期待が高まる健康食品であることは間違いありません。

 

 

 


お茶村の神仙抹茶ゴールドは青汁というよりは、まろやかな抹茶風味でとても飲みやすいです。お茶のように夏にはアイス、冬にはホットでもOK!また、牛乳や豆乳に入れたりすれば抹茶ミルクが楽しむことができます。

 

ホットケーキなどのお菓子作りの際に、生地に混ぜたら、とっても美味しいおやつの出来上がりです!いろんなアレンジで楽しんでください。

 

 

 

興味がある方は下のサイトで詳しい情報をご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

kochira神仙桑抹茶ゴールド公式サイトはこちら!