お茶村と八女茶の関係

お茶村と八女茶について

神仙桑抹茶ゴールドを作っている会社は、「お茶村」と言って、実は老舗のお茶屋さんです。

 

株式会社お茶村は、福岡県の八女市に所在していますが、八女市は全国的に有名なお茶の生産地で、生産量は全国6位、非常に高品質で美味しいお茶ができる所です。

 

 

 

茶畑

 

 

 

お茶は、歴史的には、1192年に栄西が宋から日本に持ち帰って脊振山に植えて作ったのが始まりだと言われていますが、八女茶の始まりは、1423年に栄林周瑞禅師というお坊さんが明から帰国して八女市黒木町の霊巌寺を建立した時にお茶の栽培と喫茶法を伝えたと言われています。

 

八女地方の土壌というのは、腐葉土が堆積した平野から出来ていて、気候的に霧が発生しやすい土地柄で美味しい玉露ができる地方です。

 

お茶村という会社自体が八女茶の生産茶だからなのでしょうか、神仙桑抹茶ゴールドの原料には、緑茶(玉露)も使われています。

 

実際、青汁等の中に抹茶が配合してあると、抹茶風味になり、お茶に含まれている栄養成分やカテキンなども含まれることになり、また、非常に飲みやすい青汁になるというメリットがあります。

 

お茶は、歴史的には、1192年に栄西が宋から日本に持ち帰って脊振山に植えて作ったのが始まりだと言われていますが、八女茶の始まりは、1423年に栄林周瑞禅師というお坊さんが明から帰国して八女市黒木町の霊巌寺を建立した時にお茶の栽培と喫茶法を伝えたと言われています。