お茶村の神仙桑抹茶ゴールドで美容と健康を維持しよう!

桑のヘルシーパワーについて詳しくご紹介します

現代社会は、飽食の時代と言われ始めて久しいですが、今、私たち日本人の食生活はバランスの良い日本食から、カロリーが高い欧米化した食事にシフトしてきています。

 

その結果、アメリカと同じように高血圧や糖尿病、高脂血症や高尿酸血症などの生活習慣病が問題になってきています。

 

その生活習慣病の予防という観点において、近年、マスメディアなどで、桑を使った健康食品が注目され始めています。

 

私の「桑」というイメージは、桑の葉が絹を作る蚕のエサになるというくらいしかありませんでしたが、最近では、桑にはダイエット効果があることが分かっています。

 

神仙桑抹茶ゴールドは、主な原料に桑の葉を使ってありますので、ダイエットや生活習慣病の予防には最適です。

 

そこで、ここではその神仙桑抹茶ゴールドのメインの原料になっている桑の葉のヘルシーパワーについて詳しくご紹介していきます。

 

 

 

桑の木

 

●<桑の葉に含まれている栄養成分や有効成分について>
まず、桑の葉に含まれている成分には、ビタミン類の他に、カルシウムや鉄などのミネラル成分、また、食物繊維やフラボノイドの他に桑の葉特有の成分であるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)というのが含まれています。

 

ミネラル成分に関しては、特に際立っているのが、カルシウムと鉄分が非常に多く含まれているという事でしょう。

 

桑の葉には、牛乳と比較すると24倍のカルシウム、そして、納豆と比較すれば、15倍の鉄分が含まれていると言われています。

 

これは、桑の葉を摂取すると、骨を丈夫にすると同時にイライラなどの予防、更には、貧血になるのを予防することができると考えられます。

 

 

 

 

●<DNJについて>
桑の葉がダイエットに効果があると言われている理由は、実は、桑の葉に含まれている特有の成分であるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)という成分が血糖値の急上昇を抑えてくれて脂肪が付きにくい体質にしてくれるからです。