シモン芋について

シモン芋の事を詳しくご紹介

シモン芋というのが神仙桑抹茶ゴールドの原料の1つとして使われています。シモンは、私たちには、あまり馴染みが無いですね。

 

そこで、ここでは、そのシモン芋についていろいろとご紹介していきたいと思います。

 

シモン芋は、ヒルガオ科に属していて、原産はブラジルなどの中南米になります。外見はサツマイモに良く似ているのですが、全く違う種類のものです。

 

シモン芋とサツマイモと比べると、外見的にはシモン芋の方が葉っぱも大きいし、茎も太いですし、更に蔓も太いです。

 

また、シモン芋の根は地中深くまで張ってそこの土壌の栄養成分をしっかりと吸収し、芋の部分も大きく成長します。

 

そのせいか、シモン芋に含まれる栄養成分やミネラル成分の量や種類は、サツマイモに比べると遙かに多いです。

 

ところで、シモン芋に含まれている栄養成分はと言えば、ビタミンB1やB2、B6等のB系統を始め、ビタミンCやビタミンE、ビタミンKそれに、あまり聞いたことが無いビタミンPというのも含まれています。

 

その他、貧血や妊婦さんに必要と言われる葉酸、他にはポリフィンやパテントン酸、βーグルカンなどが含まれています。

 

シモン芋は、このように土壌から沢山の栄養成分やミネラルを吸い取ってしまうため土壌の管理が非常に大切になってきます。